競馬で必然的に勝つ方法

馬券収入を増やして毎週豊かな競馬ライフを送るための情報源

無料メルマガを購読する

第67回中京記念(G3)の結果とレース回顧(動画あり)

レース動画と結果

第67回中京記念(G3)結果

7月22日(日)に中京競馬場で行われた中京記念は、3番人気のグルーヴィットが古馬たちを相手に好位から差し切りを決めた。鞍上の松山弘平騎手は今年2度目の重賞勝利を飾っている。1番人気のプリモシーンは一旦先頭に立つも、最後は力尽きて3着に敗れている。

1着   グルーヴィット                 1.33.6    3番人気

2着     クリノガウディー             ハナ       6番人気

3着     プリモシーン                    クビ       1番人気

4着     ミエノサクシード             クビ       4番人気

5着     グランドボヌール             1 1/2      9番人気

 

第67回中京記念(G3)レース回顧

8番ツーエムマイスターが逃げ、1番グランドボヌール、16番キャンベルジュニアが続き、10番コスモイグナーツ、3番ヴェネト、5番グルーヴィット、7番プリモシーンが固まって先行集団を形成。中団以降は4番ジャンダルム、6番クリノガウディー、14番カテドラル、15番ミエノサクシードらが続いた。

 

前半の800mは46.7秒でたんたんとした流れ。ツーエムマイスターのリードはほとんどなく、4コーナーにはほとんどグランドボヌールが並びかけた。直線に入ると、グランドボヌールがしぶとく二の足を発揮。キャンベルジュニアとプリモシーン、グルーヴィット、クリノガウディーが襲い掛かる。坂の途中でプリモシーンが先頭に躍り出る。しかし、すぐに外からグルーヴィットとクリノガウディーが急襲。

 

ゴール前は大混戦となってわずかにグルーヴィットが差し切った。4着まではほぼ横一線となっており、ハンデ戦らしいレースとなっている。

 

勝ったグルーヴィットはダート戦を2連勝しており、ここが初の芝勝利となった。前走のNHKマイルCでは10着と大敗しているものの、勝ち馬との着差は0.5秒とそれほど離されていない。52キロという軽ハンデの恩恵があるものの、この時期に古馬を撃破したことは大きな意味があるだろう。秋へ向けてマイル戦かスプリント戦、もしくはダート戦線でも面白い逸材といえる。

 

第67回中京記念(G3)レース動画

■レース動画は以下の画像をクリックしてください(JRAの動画ページに飛びます)

コメント